【結婚を成功させる秘訣!?】結婚の伝説・迷信・ジンクス集

結婚したくなる魔法

昔から言われ伝わる、結婚に関する伝説・迷信・ジンクスを調べてみた。

それらは先人たちの経験知もしくは宗教観によるものなので、科学的な根拠は一切ないが無いが、その多くは未だに信じられているものだし知っておいて損することはない。

若い人ならいざ知らずアラフィフ〜50代からの「もう絶対失敗できない・失敗したくない結婚」であればなおのこと、信じて実践したほうが安心だし、何よりロマンチックだ。

【結婚を必ず成功させる秘訣!?】結婚の伝説・迷信・ジンクス集

結婚指輪の伝説・迷信・ジンクス集

丸い指輪は二人の関係に終わりがない愛が永遠に続く祈りを込めた象徴。そんな二人の愛の証とされる「結婚指輪」も、科学的根拠があるわけではない。単なる言い伝えである。

指輪の交換は財産の交換の象徴だ。指輪を交換したということは財産を分かち合って暮らしていくという意味がある。それが何故左手薬指かというと、古代ギリシア時代、左手の薬指は血管が直接心臓につながっていると考えられていた為だという。命と直結する最も大切な指にする二人の愛の誓いの印、それが結婚指輪なのだ。

しかし昨今、そんな指輪に対する意味合いは年々薄れているようだ。今どきの結婚指輪事情についてはコチラ(↓)の記事にまとめてみたので参照されたし。

関連記事

ウエディングドレスの伝説・迷信・ジンクス集

ウエディングドレス、色は白が最も好ましいと言われている。

それ以外の色で良しとされる色は、ピンクだけ、

  • 青いドレスで結婚したら、一生愛情を持ち続けられる。
  • ピンクのドレスで結婚したら、絶えず夫に思いやられる。

それら以外の色は避けるべきだと言われている。

  • 緑のドレスで結婚したら、人の目を憚るようになる。
  • 灰色のドレスで結婚したら、遠くへ旅立つことになる。
  • 褐色のドレスで結婚したら、一生町には住めなくなる。
  • 赤いドレスで結婚したら、命を断ちたちと願うこととなる。
  • 黄色のドレスで結婚したら、夫のことを恥ずかしいと思うようになる。
  • 黒いドレスで結婚したら、別れて一人になりたがる。

ウエディングドレスの素材に関してはシルクが最も好ましいとされ、他は忌み嫌われる。

  • サテンは不運をもたらす。
  • ベルベットは未来の貧困を予兆する。
  • 模様があってはならない。特に、鳥とつる草の絵は避けるべきだ。

また、自分の着るウエディングドレスを自分で縫うと不運を招くので、ウエディングドレスの一部は未完成にしておき着る直前に最後のひと針を縫うと幸せになれると言われている。また、ウエディングドレスに髪の毛を2〜3本縫いこんでおくと幸運に恵まれるという言い伝えもある。

ウエディングドレスにまつわる伝説・迷信・ジンクスはまだある。

  • 結婚式前にドレスとヴェールを一緒に試着すべきではない。
  • 教会に向かって家を出るときまでに、完全な花嫁姿で鏡を見るのは縁起が悪い。もし、どうしても衣装全部を試着してみたいという場合には、全身映る鏡には姿を映さないほうが良い。全身が映ってしまう鏡であるなら、靴を片方だけ履く、または手袋を片方だけはめる、装飾品を全部身につけないようにすべきである。
  • 支度をした後は挙式中の必要な時までヴェールを決してあげてはいけない。

これらの理由は、清らかで汚れのない美しく女性(新婦)を悪霊たちに見つからないようにする為、そして、結婚という特殊な状況下において特別な衣装(ウエディングドレスとベール姿)の花嫁が魔力を得ることがないようにとの配慮からだという。

結婚式・結婚披露パーティーの伝説・迷信・ジンクス集

結婚式・結婚披露パーティーの伝説・迷信・ジンクス集

結婚式・結婚披露パーティーの伝説・迷信・ジンクスで、最も有名なのが「Something four(サムシングフォー)」。以下の4つのアイテムを新婦が結婚式で身に着けると幸せになれるという言い伝えだ。

  1. Something new(新しい何か
    これからの新しい人生が順調でありますようにと、新しく購入したものを身に着ける。
  2. Something old(古い何か)
    新婦と家族のつながりを忘れないために家族からの譲り受けたアクセサリーなどを身につける。
  3. Something borrow(借りた何か)
    幸せな暮らしをしている友人などからその幸せをわけてもらうという意味で、借り物を身につける。
  4. Something blue(青い何か)
    青は忠実と信頼の象徴。特に女性の慎みと誠実そして純潔を象徴することから、青を身につけると幸せになれると言われている。また、青は聖母マリアのシンボルカラーでもある。

結婚式・結婚披露パーティーにまつわる伝説・迷信・ジンクスは他にもある。

  • 教会へ向かう途中、後ろを振り返ってはいけない。
  • 教会へ向かう途中、葬列に出会わないようにすること。
  • 教会へ向かう途中、喪服を着た女性に会わないようにすること。
  • 教会へ向かう途中、煙突掃除夫に合うと縁起が良い。
    理由は、煙突掃除夫は家庭の幸福の象徴である暖炉や炉の守護者であるから。
  • 教会へ向かう途中、芦毛の馬や白馬と合うと縁起が良い。
  • ストッキングとか靴の中にコインを入れておくと幸せな結婚となる。
    特に、新婦の左足の靴に1枚の6ペンスコインを入れて結婚式を行うと2人は一生お金に困らない。
  • オープントゥは「爪先が出ている=妻先に出る」から縁起が悪い。
  • 青いガーターをつけ、古い靴を履いた花嫁は幸運に恵まれる。
  • 結婚式の最中に赤ん坊の鳴き声が聞こえるのは縁起が良い。

結婚に関してネコ関係の伝説・迷信・ジンクスは多い。

  • 結婚式の日に猫がくしゃみをすると幸せになれる
    古代ローマの言い伝えで、くしゃみはおめでたいこと。そして猫はビーナスの代弁者をされているのでビーナスが祝福してくれているという言い伝え。
  • 結婚式の日、教会へ行く途中で「黒い猫」に出会うと幸せになれる。
  • 結婚式の日に猫がくしゃみをすると幸せになれる
  • 古代ギリシャの言い伝えで、くしゃみはおめでたいこと。そして猫は女神の代弁者であるとされ、くしゃみはおめでたい挨拶のしるしであることから、ネコのくしゃみは女神に祝福さをされていることだという言い伝え。
  • 新婦は教会に出かける前に自分でネコに食べ物を与えると結婚生活において幸運が訪れる。
    挙式の日に悪天候やその他の不運をもたらすとされる悪魔や魔女のご機嫌を取るため、その使い魔であるネコを喜ばす必要があるという言い伝え。

また、ネコの天敵のネズミも、結婚式においては縁起が良いと言われている。

  • ウェディングマウス
    ネズミは繁殖力が強いため子孫繁栄・子宝に恵まれると言われている。そのためネズミのキャラクターやモチーフを結婚式に取り入れると良いと言われている。
結婚に関してネコ関係の伝説・迷信・ジンクス

結婚披露パーティーにおける定番のあの儀式も、科学的根拠はなく伝説・迷信・ジンクスによるものだ。

  • ブーケ ブートニア
    男性がプロポーズの時に野に咲く花を摘み花束を作り、それを好きな女性に手渡したことがブーケのはじまり。女性は花束を受け取りOKならその花束から一本の花を男性の胸に刺すのが決まりだったことから、ブーケは同じ花で作るのが基本。
  • アイビー
    アイビーの花言葉は「永遠の愛」「友情」「不滅」「結婚」「誠実」。2人の愛が一生変わらない幸せの象徴として結婚式や結婚披露パーティーで取り入れることが多い。
  • シャンパン
    結婚披露パーティーの乾杯は原則シャンパンで行う。シャンパンの泡のパチパチという音は天使の拍手(祝福)だからだ。
  • ドラジェ(アーモンドドラジェ)
    ドラジェとはアーモンドを砂糖で包んだお菓子。アーモンドは大きく成長し沢山の実をならせることができることから子孫繁栄の願いが込められている。また、ドラジェは「健康」「財産」「長寿」「繁栄」「幸福」の願いを込めて5個入りが基本だ。

雨の伝説・迷信・ジンクス集

雨の日に結婚式を挙げた花嫁は幸せになれると言われている。

結婚式の雨は、新郎新婦の一生分の涙だという言い伝えからだ。

また、晴れの日に降る雨を「狐の嫁入り」というのは、ハレの日〜おめでたい日にもかかわらず涙をこぼす花嫁がいることからそう呼ばれている。

狐の嫁入りは、吉兆だ。その年は豊作となり願い事が叶うという。

雨は天からの贈り物。雨降って地固まる

互いに困難を乗り越えて結ばれた二人、そしてこれから様々な困難を二人一緒に乗り越えたとき更に二人は強い絆で結ばれる。雨が降れば降るほどそこにより安定した幸せが築かれるという意味だ。

ライスシャワー(フラワーシャワー)は雨の代わりの祝福の儀式

そもそも雨は、大地を潤し緑を育てる。もちろん人間にとって無くてはならない物。雨こそが恵み=幸せをもたらすものの象徴だという発想から、雨は二人を祝福するものと言われている。

ライスシャワー(フラワーシャワー)は雨の代わりの祝福の儀式

(まとめ)結婚にまつわる伝説・迷信・ジンクス集

  • 指輪は愛が永遠に続く祈りを込めた象徴。
  • 指輪の交換は財産の交換の象徴。
  • ウエディングドレスは白(もしくは青かピンク)で素材はシルク。
  • 結婚式・結婚披露パーティーでは、新しい・古い・借りた・青い何かを身につけよ。
  • 結婚式においてネコとネズミ、そして雨は吉兆。

結婚にまつわる伝説・迷信・ジンクスは他にも色々ありそうだが、信じるか信じないかは自分(二人)次第。ただ、昔から信じられてきた事には必ず実体験あり、全ては二人の幸せを願っての話だ。不幸にするためのものではないのだ。

取り入れる・取り入れない勝手だが、伝説・迷信・ジンクスはバカにしない方が賢明だと思う。

結婚式場やブライダルプロデュース会社では当然、それら結婚に関する伝説・迷信・ジンクスは承知しているので適時的確にアドバイスしてくれるであろうが、結婚式や結婚披露パーティーを自己流で演出(セルフプロデュース)する二人は必ず頭に入れておくべきだ。

関連記事:結婚式や結婚披露パーティーをセルフプロデュースするには?

◎結婚を諦めるその前に
大人のための結婚相談所

アラフィフ〜50代以上の初婚・再婚の方の“理想の結婚”を叶えます。

大人の婚活に相応しいグレードの高い結婚相談所「M’sブライダル・ジャパン」は、データ重視の情報マッチングではなく、昔ながらの個別にお話しを聞いてのマッチングを採用。年間2,000名以上のカウンセリングを手がけたプロの結婚カウンセラーが、お相手の理想の条件をお聞きするほか、どんなお悩みごとにもきめ細かくお答えします。

◯都心に在住・勤務されている方への無料出張相談サービス
◎お見合い場所は、ほぼ100% ラグジュアリーホテルのラウンジ
(帝国ホテル,フォーシーズンズホテル丸の内,ペニンシュラ,リッツカールトン,ホテルオークラ,グランドハイアット,マンダリンオリエンタル等)

登録会員数2,000名超 登録男性年収1,000万円以上多数 平均成婚期間1年以内
個別紹介制、会員様からの口コミやご成婚者様からのご推薦、様々なマスメディアでも多数紹介されています。

結婚したくなる魔法
けっこん論
タイトルとURLをコピーしました