【50代婚活の現実】アラフィフでもモテる男・モテる女とは?

結婚したくなる魔法

50代での婚活は厳しい、それは現実に違いない。が、しかしそんな厳しい中でも、モテる男・モテる女は存在する。バツイチであろうが子連れであろうが関係ない。そんなモテる男・モテる女に50代婚活の成功の秘訣があるに違いない。

この記事では、先ず50代婚活の厳しい現実の問題点を男女別にピックアップし、そこからアラフィフ〜50代でもモテる人になる方法を考察してみた。

【50代婚活の現実】アラフィフでもモテる男・モテる女とは?

50代男の婚活事情

生物的な結婚適齢期は20代・30代。40代そして50代と年齢が高くなると結婚が難しくなるのは自然なこと。いくら「男はいくつになっても結婚することができる」といきがっても、年の離れた年上の男性と結婚を望む女性はレアだ。

アラフィフ〜50代で婚活に積極的な男性は「金(収入)もある」「社会的地位も高い」など自意識が高く自信のある男性が多い。実際、お金持ちで権威のある男性はモテる、自信は男の美学、なんて話はよく聞くし否定はしない。が、そうやって調子にのっている男性の多くは無謀にもかなり若い女性(20代から30代中には10代)を望む傾向が強いという。

それは、結婚したら子供が欲しいと考えている男性が多いからで、そういう考え方こそが50代男性の婚活を難しくしている大きな要因といえる。

また、50代男性は部下を持っていることが多く、仕事や普段の生活〜日常において年下とのやり取りが多いせいで、見下しているつもりはなくても年下、特に年下の女性に対してぞんざいな態度をとりがちだ。

つまり、50代男性は、結婚対象となる女性に対しても、相手を敬う気持ちが欠如しがちで、且つ、当然のことのように女性に多くのことを望んでしまっているのだ。

もちろん実際はそうじゃない50代男性も沢山いるであろうが、少なくとも女性、特に婚活している女性達の婚活している50代男性に対するイメージは、あまり良いとはいえない。

かなり警戒されがち、それが50代男性の婚活の現実だ。

婚活を始めてもなかなかうまくいかないという50代男性は、自らの行動や言動、そして相手に望むことなどを見直す必要がある。

50代女性の婚活事情

女性は見た目を気にする。どうしても20代や30代の若い人や若い頃の自分と比べてしまうので、年齢を重ねると女としての魅力がなくなっていくと思ってしまう。

歳には勝てない。アラフィフ〜50代にもなると余計に見た目も老いてきてシワやシミなどが目立ちはじめるから、自分に自信がなくなり、出会いの機会も減り、自ら恋愛から距離をおき婚活を諦めてしまう女性は多い。

また、男性会社でバリバリ活躍してきたキャリアを積んでいる女性の50代は、その地位や収入〜充実した生活を結婚で失いなくない、という理由から、結婚はしない選択をとるケースも少なくない。

女性の価値は決して年齢や容姿だけで判断されるものではない。事実、年齢を重ねてもモテる女性、年齢を重ねてからモテるようになった女性も多い。現代の50代女性は活動的で美しく年相応に見えない人も沢山いる。

実は、結婚相談所においてアラフィフ〜50代女性はモテるという。そもそもアラフィフ〜50代で婚活(結婚相談所に登録)している女性の人数が少ないこともあるが、年上の男性だけでなく年下の男性からも選ばれる女性も多いという。

50代女性の婚活事情は、決して悲観するような状況ではない。むしろ男性に比べて有利だと言える。なので容姿や年齢は気にせずに、今の自分の魅力〜あなたらしさを出せばいい。相手に無理して合わせる必要はないし、合わせられるものではない。50代のあなたの良さを判ってもらえて結婚するのでなければ、結婚する意味はない。

きっと、50代で積極的に婚活(結婚相談所に登録)している女性は、そういうアクティブで意思や考え方がハッキリした女性が多いからモテるのだと思う。

アラフィフ〜50代でもモテる方法

アラフィフ〜50代にもなれば、もう恋愛だけを楽しむなんてもう出来るものではない。若い頃に比べてお金にも時間にも余裕があっても、何かと事情が許さない。優先すべきはそこではない。大人は何かと忙しい。

しかし、恋愛なんて面倒だ、と思うようになるともう終わり。モテなくなる。

恋愛の先に結婚がある。恋愛抜きに結婚は出来ない。

それは50代に限ったことではない。婚活を始める場合、一番大切なのは如何に恋愛するか・恋愛出来るかだ。結婚は一生を共にするパートナーを得ることに他ならないが、恋愛感情が生じなければ、単に条件や相性でマッチングしたとしても上手くいくはずもない。そういうのは「出会い」ではなく「出会わされただけ」だ。

今の時代、出会いの場はいろいろある。「結婚相談所」「マッチングアプリ(婚活サイト)」「婚活パーティー」「婚活バスツアー」、どれも50代にだって門戸は開かれているし、むしろ50代ウエルカムのところも少なくない。つまり、50代の婚活も競争激化する一方だから、競争に勝つためにはモテなければ結婚(再婚)は叶わないのだ。

モテるためには先ず「恋愛感情」

相手のことなんてあまり知らなくても、出会った瞬間、もしくはちょっとした何かのきっかけで、現実的ではないけれど好きになってしまうような人がいる。付き合うとか、結婚したいとか以前に、この人素敵、この人好き、というときめく思いが「恋愛感情」というものだ。

アラフィフ〜50代、大人にになればなるほど現実的ではないことを避けようとするから恋愛感情を忘れがちになる。

婚活するなら恋愛感情を呼び覚ます必要がある。恋愛感情という感覚を忘れていると、出会い=チャンスを見逃してしまうからだ。それに、恋愛感情がなければ打算で相手を選ぶことになる。そういう「出会わされただけ」の婚活はうまく進展しないことが多いし、もし結婚に至ったとしてもそれはどちらかが(または両者とも)何かを隠しながら・何かを我慢しながら生活することになる。そんな、互いに幸せとは言えない結婚に意味はない。意味がないことに気づいた時には、またやり直し(離婚して再度婚活)したくなるからそんな結婚は初めからやめた方が良い。

恋愛感情

自分の恋愛感情を呼び起こすことが出来てくると、自ずと、自分自身が恋愛感情を抱かれる人になればいいことに気づく。

そう、婚活に限らずモテる人とは、恋愛感情を抱かせる人のことだ。

恋愛感情を忘れがちなアラフィフ〜50代の婚活であれば尚のこと、恋愛感情を思い起こさせるような人になればモテるし婚活は上手くいく。

モテる人になるための内面的要素

男性でも女性でも見た目はモテるための重要な要素ではある、が、それ以前に磨くべきは内面に他ならない。

前述したように、50代男性が婚活で警戒されている理由、50代女性が婚活でモテる理由は内面にある。内面は見た目にも出てしまうもの。「性格がブスになると顔もブスになる」というのは有名な話だ。

【ブスの25か条】

・笑顔がない
・お礼を言わない
・おいしいと言わない
・目が輝いていない
・精気がない
・いつも口がへの字の形をしている
・自信がない
・希望や信念がない
・自分がブスであることを知らない
・声が小さくイジケている
・自分が最も正しいと信じ込んでいる
・グチをこぼす
・他人をうらむ
・責任転嫁がうまい
・いつも周囲が悪いと思っている
・他人にシットする
・他人につくさない
・他人を信じない
・謙虚さがなくゴウマンである
・人のアドバイスや忠告を受け入れない
・なんでもないことにキズつく
・悲観的に物事を考える
・問題意識を持っていない
・存在自体が周囲を暗くする
・人生においても仕事においても意欲がない

「宝塚歌劇団 伝説の教え」より

ブスになるというのは、なにも女性だけの話ではない。男性もあてはまることだ。

もし、現在の自分にあてはまるものがあったら、モテるために直していく必要がある。

【モテるための25か条】

・常に笑顔
・お礼を言う
・おいしいと言う
・目が輝いている
・精気がある
・いつも口が微笑んでいる
・自信がある
・希望や信念がある
・自分を知っている
・声が大きく元気
・周りの人の意見に耳を傾ける
・愚痴をこぼさない
・他人をうらやまない
・責任転嫁をしない
・周囲が悪いと思わない
・他人に嫉妬しない
・他人につくす
・他人を信じる
・謙虚である
・人のアドバイスや忠告を受け入れる
・何でもないことは気にしない
・楽観的に物事を考える
・問題意識をもつ
・存在自体が周囲を明るくする
・人生においても、仕事においても、意欲がある

「宝塚歌劇団 伝説の教え」を参考にした美人の25か条

つまり、ブスにならない、ブスとは反対のことを心掛ければ良い。

それがモテるための最善で最短の方法である。

もっとも、自分で自分がブスであることに気づかない人もいる。50も過ぎた大人にはもう誰もそれを直接指摘してはくれない。もし指摘してくれつ人がいたとしてもブスは受け入れ難いことには耳を貸さないであろう。だからブスなのだ。

そうならないためにも、まずは「自分は何者か?」「自分はどのような人間か」、自分の内面を知ることから始めていくことが大切だ。

モテる人になるための外見的要素

内面が美しければ外見も美しくなるのだから何もしなくても良い、という訳ではない。

アラフィフ〜50代でモテる人は皆、おしゃれだ。

おしゃれな人は美意識を持ってて、人知れず日頃から努力をしている。

【アラフィフ〜50代でおしゃれな人の共通項】

  • ナチュラルで清潔感がある
  • 明るくて綺麗
  • 上品でいやらしくない
  • 派手しすぎない・地味すぎない
  • 年齢に争わない(若造しすぎない)
  • 変化を恐れない(若い頃と同じ服装・髪型をしない)
  • 今の自分に似合う色を知っている
  • 上質で高級感あるアイテムを身につけている

おしゃれのセンスというものは天性のものではない。無論マニュアルもない。それは日々の暮らし方で磨かれるもの。だから、実はいろんな経験をしている大人の方が、余裕があり包容力があるので、より人間として魅力あるおしゃれができるはずで、それは若い頃には出せない魅力なのだ。

【若い頃には出せない大人の魅力あるおしゃれさ】

  • 感情的に穏やか
  • 自我や自己主張がない
  • 周りに合わせ過ぎない
  • 他人に惑わされない
  • 流行などに流されない
  • ちょっとしたことで動揺したりしない
  • 相手を不快にさせない

歳をとることについて、若さを失うのではなく魅力を重ねるととらえること。いい歳のとり方をした人は見た目に表れる。特に顔つきは一目瞭然。顔つきは内面から滲み出るもの。楽しそうな人生を送っている人は楽しそうな顔つきになるし穏やかな生活をしている人は穏やかな顔つきになる。

居心地の良い暮らし〜生き心地の良い生き方を感じさせる、それが大人のおしゃれである。

(まとめ)50代婚活でモテる男・モテる女の絶対条件

アラフィフ〜50代の婚活においては、尊敬できる人がモテる。「私はこうだから…」と相手に押しつけずに、相手を思いやり、相手に良い影響を与える、相手の気持ちを察することができる人は、年齢や結婚の回数などは関係なく婚活で成功する。

  • 気分をあげてくれる人(聞き上手)
  • 会話が盛り上がる雰囲気をつくれる人(褒め上手)
  • 相手を立てる人(気遣い上手)

つまり、日常的には周りに良い影響を振りまいてくれる人、そして、婚活においては恋愛感情を振りまいてくれる人、これが50代婚活でモテる男・モテる女の絶対条件である。

相手のために、そして自分自身のためにも、いつも明るく笑顔でポジティブで、と、よく言われるが、仕事や生き方にプライドを持ち、人生を楽しんでいる、人生を楽しもうとしている人は、自然とそうなるものだ。

50代の婚活の目的は、残りの人生を一緒に楽しく過ごせる相手と出会うこと。であれば、いつも・いつまでもトキメクような恋愛感情を抱かせてくれる人がいいに決まっている。そんな人になればいい。そんな人になれるよう頑張るのだ。

◎結婚を諦めるその前に
大人のための結婚相談所

アラフィフ〜50代以上の初婚・再婚の方の“理想の結婚”を叶えます。

大人の婚活に相応しいグレードの高い結婚相談所「M’sブライダル・ジャパン」は、データ重視の情報マッチングではなく、昔ながらの個別にお話しを聞いてのマッチングを採用。年間2,000名以上のカウンセリングを手がけたプロの結婚カウンセラーが、お相手の理想の条件をお聞きするほか、どんなお悩みごとにもきめ細かくお答えします。

◯都心に在住・勤務されている方への無料出張相談サービス
◎お見合い場所は、ほぼ100% ラグジュアリーホテルのラウンジ
(帝国ホテル,フォーシーズンズホテル丸の内,ペニンシュラ,リッツカールトン,ホテルオークラ,グランドハイアット,マンダリンオリエンタル等)

登録会員数2,000名超 登録男性年収1,000万円以上多数 平均成婚期間1年以内
個別紹介制、会員様からの口コミやご成婚者様からのご推薦、様々なマスメディアでも多数紹介されています。

結婚したくなる魔法
けっこん論
タイトルとURLをコピーしました