50代で国際結婚して海外移住を実現するための婚活のポイント

マッチングアプリ|婚活アプリ

アラフィフ〜50歳も過ぎると世の中のいろんなことを知り過ぎて、日本にはもうウンザリ、素敵な外国人のパートナーと素敵な海外の街で生活したい、と夢物語を思い描く人が昨今増えていると聞く。

確かに、国際結婚は海外移住をイージーに実現するには良い手段だ。

国によって異なるが、その国の国籍保持者や永住権保持者との婚姻や事実婚関係(通常は12ヶ月以上)が偽装結婚ではないことを証明できれば、「結婚・事実婚ビザ(SPOUSE VISA)」という永住ビザが取得できる。※同性同士でも取得可能な国もある。

第二の人生を新しいパートナーと海外で!という夢物語を現実のものとするために、50代からの国際結婚成功のポイントを探ってみた。

50代で国際結婚して海外移住を実現するための婚活のポイント

先ずは、アラフィフ〜50代で国際結婚して人の事例から、婚活成功のポイントを探ってみた。

アラフィフから婚活し国際結婚できた人の共通点

外国人相手の婚活に成功しているアラフィフには共通点がある。

  • 積極的で行動的
  • 明るく元気でセクシー
  • 知的で教養がある
  • 思いやりがある

外国人と上手に付き合うための基本、それは、笑顔で表情豊かに、積極的に交流することだ。

日本人は表情が乏しく笑顔も少ない。そのせいで何を考えているのかわからないと思われてしまう。実際、外国人といると「何が好き?」「どう思う?」と頻繁に意見を求められるし、「つまらない?」「楽しくない?」とよく聞かれる。

海外では自分の意見をはっきりと述べるのが普通。恋愛表現・愛情表現も頻繁且つストレートでなければ何も伝わらない。何も言わなかったり、ハッキリ言わなかったりしていると、「自分は嫌われてるのではないか、」と思われてしまうのだ。

それに、育ってきた環境が違う者同士なので、積極的に意見交換しないと交際がスムーズに運ばない。分からないことをそのままにしていると誤解も生じる。おとなしいと損をするどころか、何も進展しないし、誰も相手にしてくれない。

中には、おとなしい日本女性が好き、無口な日本男子が好き、という外国人もいることはいるが、極めて少数派。まして婚活の(お互いが結婚前提の出会いを求めて活動する)場であれば、しっかり自己アピールし意見交換が出来ないとなかなか進展し難いであろう。

それに、特に欧米人は、男性でも女性でも互いに自立し、互いに平等で、互いに尊敬し合えなければ結婚対象とはならない。

見た目も、日本でウケている「可愛い系女子」や「草食系男子」の「ナルシスト系」は頼りにならないように思われるので結婚対象としてはNG。女性も男性もとにかく「セクシー」であることが望まれる。

但し、元々日本好きの場合は日本でウケてるナルシスト系が好みの場合もある。それが自分の売りであるならば必ずしも外国人だからといって合わせる必要はない。もっとも、アラフィフ〜50代であれば「可愛い系・草食系のナルシスト」を売りにしている人はいないと思うのでその点において気にする必要はないとは思う。

そういう意味で日本人は、アラフィフ〜50代くらいの方が国際結婚に向いているかも知れない。

そして、国際結婚で一番大切なことは異文化を受け入れることだ。

ゆえに、心が広い人、優しい人、面倒見が良い人、思いやりがある人が国際結婚に向いている。

日本人に比べて外国人は強い宗教観を持っている。意識していなくとも宗教的な考え方が身についているから、日本人である我々は意識的に文化や宗教の違いを学び、尊重し合い、上手にコミュニケーションを取らなければならない。

愛は宗教の壁も言語の壁も乗り越える、などと言われてはいるが、その愛を育む以前に、出会いそして意思疎通できなければ婚活すら始めることができないので、当然、英語でのコミュニケーションは必須となる。

日本に住んでいる外国人、もしくは日本人を対象に婚活している外国人の中には、日本語が不自由なく話せる人もいるかも知れない。が、あなたが英語が話せれば相手はより安心する。英語が話せることは外国人相手の婚活に有利、というよりも英語は必須である。

ちなみに、外国人と付き合うことが英語上達の近道、とか、そういう話もよく聞くが、そんな発想で外国人との出会いを求める人が今極めて多いらしく、そんな理由で近寄る日本人は警戒されている(嫌がられている)そうだから気をつけるべきだ。

外国人相手に婚活するなら、少なくとも婚活する前に基本的な英会話くらいは勉強した方が良い。

話せるレベルを3ヶ月で身につけることを目指した短期集中の英語レッスン(オンライン)がある。

👉3ヶ月短期集中スパルタ英会話

一人一人に合わせたカスタマイズマンツーマンレッスン。ネイティブ講師とのレッスン量業界No.1。 専属コンサルティングも3ヶ月つきっきりでサポートしてくれるという。

国際結婚を考えているならマッチングアプリでの婚活がセオリー

「外国人と国際結婚したい!」という人におすすめの婚活手段はマッチングアプリ(婚活サイト)だ。何故なら、あらゆる婚活手段の中で最も多く、そして効率よく、外国人と出会えるチャンスがあるからだ。

そもそも、アメリカ・欧州など海外は、日本よりもマッチングアプリ(婚活サイト)が普及していて、マッチングアプリ(婚活サイト)で出会って結婚まで至ることも一般的になっている。

マッチングアプリ(婚活サイト)のメリットは、普通に暮らしていたら絶対に出会えなかった外国人とつながる事ができること、そして、遠く離れた外国にいならがもメールでのやりとりは勿論、電話や動画でリアルタイムの交流が可能なことにある。

無論、本人確認など安全性が高いマッチングアプリ(婚活サイト)を選ぶことが大前提だが、外国人相手でも臆することなく、いつでもどこにいても交流できるというのは、国際結婚のための婚活手段〜コミュニケーションツールとして使わない手はない。

国際結婚におすすめのマッチングアプリ(婚活サイト)

マッチングアプリ(婚活サイト)は色々あるが、安全性も高く外国人と出会うのにおすすめのマッチングアプリ(婚活サイト)を紹介する。

Pairs(ペアーズ)

pairs

日本在住の外国人と知り合える確率が高いのは、やはり国内利用率No.1のマッチングアプリPairs(ペアーズ)だ。

ペアーズは世界中の国が検索対象となっている。検索機能を活用し「居住地」や「出身地」または、フリーワードで、「外国人」「留学生」などで絞り込んで検索すれば簡単だ。

match(マッチドットコム)

match

match(マッチドットコム)はアメリカの有名なマッチングアプリ。世界中に1500万人の会員がいるので外国人にとって知名度が高く定番の婚活アプリだ。

但し、日本語版は日本語版にだけ登録している外国人としか出会えない。が、日本人との出会いを求める外国人、特に、日本語ができる外国人や日本在住者は決まってマッチドットコムに登録している。英語力に自信がない、日本にいる外国人を探したいときにはおすすめだ。こちらも人種・言語を絞り込んで検索することができる。

海外版 match.com (マッチドットコム)

本気で国際結婚〜海外移住を目的に婚活するなら、外国人と出会える人数が断然多い海外版match.com(マッチドットコム)がおすすめだ。さまざまな国のサイトがあるのでを覗いてみるだけでも面白い。

当然、海外それぞれの国にもマッチングアプリは多数存在するが、真剣に恋活・婚活をするためのアプリは少ない。そんな中、マッチドットコムは男女ともに真剣に婚活をしている登録者が多いという。

外国人との国際結婚を目指すのであれば、相手も本気で婚活している外国人と出会うべきだ。

Japan Cupid(ジャパンキューピッド)

japancupid

JapanCupid 公式サイト

外国人と出会いたい日本人の間では昔から有名なジャパンキューピッド。日本人や日本に興味がある人の多くの外国人が日本人との出会いを求めて登録しているマッチングアプリ(婚活サイト)だ。

オーストラリアで2000年に設立。民族やライフスタイル、宗教、特別な関心に基づいたニッチな出会いを世界展開するメディア企業が運営。世界各国版のサイトがある。なので、特定の国の人との出会いを望むのであれば上記の日本版ではなく他国版に登録すれば良い。登録は無料だ(登録しなければ検索閲覧できない)。但し、無料ゆえに遊び目的の外国人や詐欺師も多いので注意も必要だ。

eHarmony(イー・ハーモニー)

eharmony

eHarmony 公式サイト

2000年にアメリカでスタート。200カ国以上に3300万人超の会員を有するマッチングアプリ(婚活サイト)。結婚につながる真剣な交際を求める会員が多く、心理学者が作った高度な相性診断〜マッチングシステムにより、特にアメリカでは1日平均543人の会員がeHarmoneyで出会った相手と結婚しているというから凄い!

但し、英語で多くの細かい質問に答える必要があるので、英語が苦手な人には不向き。また、マッチングされた相手としかやり取りできず、自分から検索はできないので、相性の良い人と出会えるまでに半年〜1年以上かかることもあるとのこと。少し時間がかかっても海外在住者と出会い国際結婚して海外移住したい、と、超本気モードの人には超おすすめだ。

外国人と出会えるチャンスが多いマッチングアプリ(婚活サイト)利用のコツ

マッチングアプリ(婚活サイト)に不安を感じる人も多いと思う。まして、アラフィフ〜50代の本気の婚活、しかも外国人相手となれば無理もない。

50代がマッチングアプリで婚活するコツは、以下の記事を参照されたし。外国人向けだからと言って特段変わりはない。

とにかく、外国人とのコミュニケーションは、自信を持って積極的な態度で接すること、自分の気持ちや意見をはっきりと伝えること、これが基本。

そして、相手の文化を尊重し、尊敬と思いやりを持つこと。

マッチングアプリ(婚活サイト)であろうが、リアルな場であろうが、外国人とのコミュニケーションのコツは、以下の4つがポイントだ。

  • 積極的で行動的
  • 明るく元気でセクシー
  • 知的で教養がある
  • 思いやりがある

外国人と婚活するなら知っておくべく国際結婚事情

素敵な外国人のパートナーと素敵な海外生活を夢見て婚活するのは良いが、日本人と比べて外国人は現実的である。

国際結婚目的に婚活するなら事前に、日本人とは異なる外国人の恋愛や結婚に関する価値観を頭に入れておくべきだ。

●日本人とはちょっと異なる外国人の価値観

  • 告白(プロポーズ)は結婚時だけ
    • 付き合ってください、とかは無し。自然と恋愛関係となるのが普通。
  • 婚前誓約書(プレナップ)を求められるかも
    • 財産関係や夫婦間ルールなど事前に結婚後の取り決めをするケースも多い。
  • 家族(親・兄弟)の絆が強い
    • 相手の家族のことは勿論、自分の家族の悪口もNG。冷たい人と思われる。
  • 共働きで家事は業者に依頼
    • 共働きが一般的。財布も別。家事も分担。掃除は業者が一般的。
  • 友人や職場の同僚とは家族ぐるみで付き合う
    • 公的な場も、飲み会や遊びも、恋人(夫婦)一緒にいくのが当たり前。
  • パートナーも子供も互いに互いを尊重
    • お互いをファーストネームで呼びあう。それぞれ個室がある家も多い。
  • 歳をとることに抵抗がない
    • アンチエイジングなんてナンセンス。むしろ年上に見られることを好む。
  • 華やかで大人っぽい服装が好き
    • 歳を取るほど地味で控えめはNG。幾つになってもセクシーに。

(まとめ)50代で国際結婚目的の婚活は意外に成功率が高い!?

こう言っては何だが、外国人は日本人と比べて、見た目も年上に見えるし、中身(知識や考え方、価値観など)も年齢より年上レベルにある。逆から見ると、日本人は年齢よりも幼く見えるし、中身も幼稚に思われている。

故に、外国人相手に婚活するのであれば、ようやく大人扱い出来る50代辺りがベストで、事実、40代50代の、特に女性は、外国人にモテるという。

無論、モテない人はモテないので、婚活するだけでモテるわけではない。モテる人を参考に婚活するのが得策だ。

参考記事

50代で国際結婚目的で婚活している日本人自体が少ないので、ライバルがいない、というもの事実。チャンスではある。

但し、日本人相手に婚活している外国人は、日本に暮らすこと(日本国籍取得)が目的であるケースも多い。海外移住が目的の人は要注意だ。

◎結婚を諦めるその前に
大人のための結婚相談所

アラフィフ〜50代以上の初婚・再婚の方の“理想の結婚”を叶えます。

大人の婚活に相応しいグレードの高い結婚相談所「M’sブライダル・ジャパン」は、データ重視の情報マッチングではなく、昔ながらの個別にお話しを聞いてのマッチングを採用。年間2,000名以上のカウンセリングを手がけたプロの結婚カウンセラーが、お相手の理想の条件をお聞きするほか、どんなお悩みごとにもきめ細かくお答えします。

◯都心に在住・勤務されている方への無料出張相談サービス
◎お見合い場所は、ほぼ100% ラグジュアリーホテルのラウンジ
(帝国ホテル,フォーシーズンズホテル丸の内,ペニンシュラ,リッツカールトン,ホテルオークラ,グランドハイアット,マンダリンオリエンタル等)

登録会員数2,000名超 登録男性年収1,000万円以上多数 平均成婚期間1年以内
個別紹介制、会員様からの口コミやご成婚者様からのご推薦、様々なマスメディアでも多数紹介されています。

マッチングアプリ|婚活アプリ
けっこん論
タイトルとURLをコピーしました